ネットワールド(森田晶一社長)は6月7日、大崎コンピュータエンヂニアリング(OCE、武田健三社長)の社内インフラ刷新プロジェクトで、ネットワールドが扱うハイパーコンバージド・インフラストラクチャ「VCE VxRail」が採用され、本格稼働を開始したと発表した。

 大崎コンピュータエンヂニアリングは、従来、「VMware vSphere」を中心に個々の機器を組み合わせて構築した仮想基盤で、ネットワーク系サーバーや販売管理、資産管理などの社内システム群を運用していたが、それぞれの機器をバラバラに管理せざるを得ず、日常管理が煩雑となっていた。

 今回、これらのシステムを、仮想インフラ構築に必要なサーバー、ストレージ、ハイパーバイザー、ネットワークなどのコンポーネントを2Uのアプライスンスに統合したVCE VxRailで再構築した。これにより、VCE VxRail管理コンソールでインフラ全体を統合管理可能となり、スケールアウト/スケールアップの両方の拡張をスピーディに行うことができるようになった。

 また、VCE VxRailの採用により、システム構築費用を従来の約1/2に削減。さらに、ネットワールドの「プリ・インテグレーションセンター(PIC)」でVCE VxRailとToR(Top of Rack)スイッチに採用した「Quanta T3040-LY3」を含めたシステム構築と動作検証を行うことで、従来型の手法では2週間から1か月程度をようするところ、データセンターに設置後わずか1日で稼動開始となった。

 大崎コンピュータエンヂニアリングでは、今回の自社実践にもとづくノウハウを顧客向けのソリューションビジネスにも生かしていく考え。

導入イメージ図