東芝インダストリアルICTソリューション社(錦織弘信社長)は、ビッグデータの収集・蓄積・分析までをワンストップで提供する「GridData Analytics Cloud」を6月28日に発売した。

 新サービスは、同社がオープンソースとして提供するビッグデータ向けスケールアウト型データベース「GridDB」と、これまでデータ分析実績として培ってきた分析パターン・ノウハウにもとづく分析ツール、さらにはFluentdやApache Sparkなどの標準的なオープンソース技術を組み合わせたクラウドサービス。スモールスタートで、すぐにビッグデータ分析を始めたいという要望に対応する。

 大量のデータも高速に登録・更新・検索が可能で、データ量や処理性能に応じた柔軟な拡張が容易にできるため、分析データの拡大が見込まれる場合にも適している。オープン環境のため、利用者が要望する他のソフトウェアやサービスとも容易に連携できる。

 また、同社では、新サービスとともに、データサイエンティストによる分析手法の提案や効果検証を行うプロフェッショナルサービスも提供する。自部門でビッグデータ分析することに難しさを感じている場合でも安心してデータ分析を試行・導入できるサービスを提供する。

 今後は、IoTシステムやマーケティングシステムに提案していくなかで、同社が培うデータ分析手法やノウハウなどを、サービス開発に反映していく予定。

 税別価格は、スタンダードプランで月額35万円から。