日立製作所(東原敏昭社長兼CEO)は、信頼性と可用性を備えたハイエンド向けオールフラッシュアレイとして「VSP F1500」を追加、10月26日から全世界で順次販売を開始した。

 新モデルは、昨年11月に発売した「VSP Fシリーズ」の最上位に位置づけられるストレージシステム。ミッションクリティカルな環境向けに信頼性の高いストレージシステムを提供してきた日立独自のストレージ仮想化機能を継承し、業務システムを構成するサーバーやアプリケーションに対して、複数のストレージ装置を仮想的に1台のストレージ装置として見せることができる。

 同時に、VSPファミリーの全製品で採用するストレージ基本ソフトウェア「Hitachi Storage Virtualization Operating System(SVOS)」の機能を強化した。従来提供してきた各種ストレージ仮想化機能に加えて、重複排除やデータ圧縮などの容量削減機能を新たに搭載し、高いデータアクセス性能を維持したまま効率的なデータ保管を実現する。

 また、ハードディスクドライブとフラッシュ媒体との混在構成が可能な「VSP G1500」も製品化し発売する。同製品によって既存のストレージ環境が、ハードディスクドライブを中心とした構成の場合にも、段階的なフラッシュ環境への移行が可能としている。

 税別価格は、VSP F1500が2億2223万4000円から、VSP G1500が3億4803万6000円。