サイボウズ(青野慶久社長)は11月17日、新たにフィリピンのGY Consultancy Group、ミャンマーのAcroquest Myanmar Technologyが「Cybozu Asia Partnership Program」に加入したと発表した。これにより、東南アジアの主要都市約6割に、「kintone」の販売体制を構築した。

 サイボウズは2015年、アジアに特化したパートナープログラム「Cybozu Asia Partnership Program」を制定。シンガポールやベトナム、インドネシアといった東南アジア地域にkintoneの販路を広げてきた。パートナープログラム制定後は、新規導入件数が昨対比400%を超え、現在は、東南アジア全体で130社以上の企業にkintoneを中心としたサイボウズ製品の導入が進んでいる。

 16年はフィリピンとミャンマーへの販路拡大を目指し、それぞれの国で協業を開始した。通信インフラの整備が他国よりも遅れているフィリピンでは、今までオンプレミス型のシステム導入の選択肢しかないのが実状だった。そこで、通信事業に強いGY Consultancy Groupと提携。安定した通信環境と合わせて、kintoneを展開していく予定。

 一方、ミャンマーでは、Acroquest Myanmar Technologyと協業する。同国は、アジアでトップクラスの経済成長を続けており、日系だけでなくローカル企業もシステム投資意欲が高まっている。ローカル企業からも強い信頼関係を集める同社と協業し、kintoneの展開に弾みをつけていく考え。

 同社は、今後も各国のパートナーと連携して現地ニーズに即したソリューションを開発し、販売を進めていく予定。その第一弾として、インドネシアのパートナー企業であるPT. AQ Business Consulting Indonesiaが、SMS一斉送信サービス「SOKUHOU」を11月17日に発売した。SOKUHOUを利用することで、kintoneで管理された従業員台帳や送信先一覧に、SMSメッセージを一斉送信することが可能となる。