日本コンピュータシステム販売店協会(JCSSA、大塚裕司会長=大塚商会社長)は、IT事業者向け「経営戦略オープンセミナー」を12月6日に東京・新宿の京王プラザホテルで開催する。JCSSAでは、今回のセミナーを「社団法人化20周年記念」と位置づけている。

 セミナーのテーマは「デジタルイノベーションが日本を変える~新しいビジネスモデルの創生~」。基調講演では野村総合研究所の城田真琴・IT基盤イノベーション本部デジタルビジネス開発部上級研究員グループマネージャーが「第四次産業革命のトレンド~デジタルイノベーションの未来~」と題して第四次産業革命と呼ばれるイノベーションについて現状分析と今後の方向性を専門的観点から説明する。

 ビジネスセッションでは、オプティム、マネーフォワード、freee、ソラコム、ウフル、ABEJAの6社が、「IoT」や「FinTech」「ブロックチェーン」「AI」などをテーマにしたユニークな自社のビジネスなどを発表。有力な新興ベンダーの新しいデジタルテクノロジーを活用する知恵やアイデアは、聴講者にとってビジネスチャンスにつながりそうだ。

 セミナーの後には、「20周年記念懇親会」も用意している。


開催日時
2016年12月6日(火)
13:30~18:30
会場
京王プラザホテル本館47F
東京都新宿区西新宿2-2-1
定員
100人
参加費
3100円(税込)
申込締切日
11月30日(水)