KCCSモバイルエンジニアリング(KCME、角秀男社長)は11月30日、さまざまな現場業務に活用できる汎用化した現場管理支援サービス「SmartBee」を発売した。

 SmartBeeは、スマートデバイスの活用により現場の作業効率を高め、現場作業者と管理者とのコミュニケーションを円滑に行うクラウド型の現場管理支援サービス。現場作業者は、スマートデバイスからSmartBeeにアクセスし、あらかじめ登録されている作業項目に従って作業を実施。作業結果を入力し、現場写真を含め、その場で情報をアップロードすることで「現場の見える化」を図ることができる。

 また、管理者は現場作業者からアップロードされた情報をリアルタイムに確認・承認できるほか、クラウド提供のため大規模な初期投資が不要で、コストを抑えつつ短期間で利用することが可能になる。PCやスマートデバイスに対応しているため、新たなデバイス購入の必要はない。

 今後、同社はIoTセンサ、ドローン、ウェアラブルデバイスなどとの連携機能を開発してSmartBeeの利便性向上を図るほか、SmartBeeの展開を通じて設備保全業務でのミス・漏れなどを削減し、安心・安全な社会創りを支援していく考え。