アルプスシステムインテグレーション(ALSI、永倉仁哉社長)は、NEC(新野隆社長兼CEO)との協業を強化し、ウェブフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」とNECの標的型攻撃対策アプライアンス「Deep Discovery Inspector powered by Express5800」の連携ソリューションを開発し、NECが1月31日に提供を開始したと発表した。

 Deep Discovery Inspector powered by Express5800は、トレンドマイクロのネットワーク監視ソフトウェア「Deep Discovery Inspector」を、NEC製PCサーバー「Express5800」に対応して搭載した標的型攻撃対策アプライアンス。通常では気付くことが難しい標的型攻撃やゼロデイ攻撃など不審な動きをネットワーク上の振る舞いから早期に見つけ出し、被害の深刻化を防ぐ。

 今回の連携ソリューションにより、Deep Discovery Inspector powered by Express5800が検知した標的型攻撃や不審な通信をInterSafe WebFilterに自動登録してアクセスを遮断することが可能となった。これによって、サイバー攻撃への即時対応を実現する。