アルプスシステムインテグレーション(ALSI、永倉仁哉社長)は、情報漏えい対策シリーズ「InterSafe ILP」の新バージョン(Ver.5.0)を12月20日に発売した。

 InterSafe ILPは、「重要情報の保護」「外部デバイスへの不正持ち出し防止」「持ち出し後のファイルの安全な活用」「送信データの情報漏えい防止」をオールインワンで実現するシリーズ製品群。今回の新バージョンでは、ランサムウェアをはじめとするサイバー攻撃や内部犯罪への対策を強化、より強固な情報漏えい対策を実現した。具体的には、ファイル自動暗号化ソフト「InterSafe IRM」で、ファイル保存時にセキュリティフォルダの中に自動的にファイルのバックアップを保存することができるようにした。保存されたファイルは、専用ツールを利用しないとアクセスできないため、万一ランサムウェアに感染した場合でも、セキュリティフォルダへの侵入を防ぎ、バックアップファイルを確実に感染前の状態に復元することができる。

 また、デバイス制御ソフト「InterSafe DeviceControl」とFireEyeの標的型攻撃対策製品「NXシリーズ」の連携機能を搭載した。この機能によって、NXシリーズが検知した未知のマルウェア情報をInterSafe DeviceControlにリアルタイムで登録。感染した端末をネットワークや外部デバイスから即時的に隔離することで、他の端末への感染拡大を防止することができる。さらに、企業や組織での内部犯罪対策として、ユーザーの属性ごとにコピーや印刷を制御する機能を追加した。例えば、ユーザー属性が「役員」の場合は、内容を別ファイルにコピーすることや印刷することができ、ユーザー属性が「マネージャー」や「一般」の場合は、印刷・コピーを禁止するなど、柔軟な設定をすることができる。