大塚商会(大塚裕司社長)が主催する「実践ソリューションフェア 2017」が2月8日、東京都港区のザ・プリンスパークタワー東京で始まった。2月10日まで。

201702081811_1.jpg
「実践ソリューションフェア 2017」の会場

 「ITで育つ元気なオフィス。」が今回のテーマ。会場では、オフィス向けの最新ソリューションのほか、AI(人工知能)やIoTの活用方法などが紹介された。プリンタやストレージなどに関するワークショップもあった。

 「実践ソリューションフェア」は今年で40回目。大塚商会は3日間で約1万1500社、約1万5200人の来場を見込んでいる。2月に大阪と名古屋で開き、4月以降は全国の主要都市で開催する。