ミラクル・リナックス(伊東達雄社長)は2月10日、CTCシステムマネジメント(CTCS、宮脇茂雄社長)が提供するIT統合運用管理ソリューションに、オープンソースソフトウェア(OSS)ベースの統合監視ソリューション「MIRACLE ZBX」が採用されたと発表した。

 CTCSは、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)のグループ会社で、これまでは商用の管理ソフトウェアを活用した運用管理サービス事業を展開してきたが、通信業を中心にオープンソースの管理ソフトウェアを活用するニーズが高まってきたことを受け、Zabbixをベースとした運用管理サービスを提供する体制を構築すべきと判断した。国内でZabbixを扱っているベンダーを検討した結果、長期サポートの提供や技術力の高さで定評のあるミラクル・リナックスをパートナーとして選定した。また、CTCSの自社システムで実証を行い、ミラクル・リナックスがZabbixをベースに独自開発したMIRACLE ZBXが、拡張性や管理の操作性が高く、他のツールとの連携が柔軟なことも採用の決め手となった。

 CTCSではオンプレミス向けサービスに加え、2016年にスタートした「クラウド導入運用サービスFor Microsoft Azure」でも、管理サービスの基盤としてMIRACLE ZBXを採用し、競争力のあるサービスを提供している。現在は、MIRACLE ZBXの活用により、オンプレミスからクラウドまで、顧客の幅広いビジネス基盤を支えている。

 今後、CTCSは運用監視、インシデント管理、構成管理、ログ管理などをMIRACLE ZBXをハブとして提供し、すべてAPI連携できる環境の構築を目指す。両社の密接なパートナーシップを通じ、MIRACLE ZBXを活用したITサービスの品質を高め、顧客のビジネス基盤となるシステム運用を支援していく方針。