富士ゼロックス(栗原博社長)は2月13日、ドキュメントハンドリングソフトウェア「DocuWorks」を活用した中小規模事業所向け「DocuWorks業務支援ソリューション電子化契約書管理」の提供を開始すると発表した。

 新ソリューションは、文書の電子化に関する体系化されたノウハウと、契約書の効率的な管理を支援する各種設定や運用ガイドをまとめた業務用雛形(テンプレート)を組み合わせたもの。紙の契約書を効率良く電子化するためのノウハウと管理台帳作成ソフトからなる「電子化基本パッケージ」と、手軽で効率的な契約書管理を業務雛形の提供で支援する「電子化契約書管理テンプレート」、スキャンした契約書を画面で確認しながら属性情報を入力し定められたフォルダに簡単に振り分けできるソフトウェア「DocuWorks文書情報エントリー」により構成されている。DocuWorks文書として電子化した契約書に適切な属性情報を付加して管理することで、契約書の更新日管理、検索閲覧、契約書原本の所在場所検索などを容易に行うことが可能となる。

 同社ではこれまで、中小規模事業所が手軽に業務改善を実現するための支援として、各種の「DocuWorks業務支援ソリューション」を提供してきた。今回は、契約書管理業務を対象に設定・運用ガイドや各種設定ファイルなどの業務用のテンプレートをパッケージ化、専門技術者によるサポートなしで、顧客自身が手軽に導入できる形態で提供する。

 税別価格は、電子化基本パッケージが5万9000円、電子化契約書管理テンプレートが3万9000円、DocuWorks文書情報エントリーが1ライセンス9800円。今後2年間で1800契約(国内)を目標としている。