日立ソリューションズ(柴原節男社長)は、電子サイコロの向きで現場作業の内容や時間を管理する「サイコロ型IoTデバイス活用工数把握ソリューション」を2月15日に発売した。

 新ソリューションは、立方体の箱に入ったIoTタグから発信されるセンサ情報をPCに接続されたIoTルータが集約し、専用アプリケーション上でファイル出力や集計結果の可視化を行う。製造業や建設業の現場では、このソリューションを利用することで、日本語を理解できない外国人作業員や、IT操作に慣れていない作業員でも、自分専用の電子サイコロの向きを変えるだけで、作業内容や時間を簡単に記録することができる。

 一方、管理者は、作業者ごとの工数を的確に管理できるとともに、取得した位置情報を分析することにより、業務改善に活用することができる。センサ情報と位置情報を合わせて分析することで、作業員の場所や危険な行動、転倒、動作停止などを迅速に察知できるようになり、安全管理も実現する。

 今後は、「リシテア/就業管理」と組み合わせ、IoTデバイスを活用した労務管理にも活用していく。