ウォンテッドリー(仲暁子代表取締役)は2月21日、ビジネスパーソン向け名刺管理アプリ「Wantedly People」について、PFU(長谷川清社長)が製造・販売するドキュメントスキャナ「ScanSnap」と連携したと発表した。

 ウォンテッドリーは日本発のビジネスSNSとして、活発な「シゴト交流」を提供するため、企業訪問サービス「Wantedly Visit」やチャットサービス「Wantedly Chat」などをリリースしてきた。2016年11月には、名刺管理アプリのWantedly Peopleをリリースし、これまで600万枚以上の名刺が登録されている。一方、ScanSnapは、簡単に書類を電子化することをコンセプトにしたドキュメントスキャナで、昨年、全世界累計出荷台数400万台を突破している。

 今回、Wantedly PeopleとScanSnap(iX100、iX500)を連携することで、PCを介さずに、Wi-Fi経由でスマートフォンに直接名刺両面の情報を瞬時にデータ化することが可能となった。0.5秒に名刺1枚のペースでスキャンできるため、スピーディにまとめてデータ化することができる。対応機種であれば手持ちのScanSnapでも取り込みが可能。また、名刺がスキャンされていく際にアニメーションを駆使し、スキャンされていく体験をユーザーが楽しめるUIを実装している。