日本システムウエア(NSW、多田尚二社長)、PTCジャパン(PTC、宍戸武士社長)、日本ヒューレット・パッカード(HPE、吉田仁志社長)の3社は、ファクトリーIoT用ハードウェアとして最適化した「HPE Edgeline」とPTCのIoTプラットフォーム「ThingWorx」をパッケージ化した「ファクトリーIoTスモール・スターター・パッケージ」を、NSWによる導入コンサルティングと開発者向けトレーニングとともに2月23日に提供を開始した。パッケージ価格は月額50万円から。NSWとHPE、PTCの販売代理店を通じて販売する。

 今回のパッケージは、2-3か月の短期間で自社工場の設備状態、稼働状況、品質情報などリアルタイムでモニタリングを可能にするために必要なソフトウェアライセンス、ハードウェア、導入支援・継続的なプロジェクト支援をセットで提供するもの。これによって、IoTによる経営課題の顕在化を進めたい顧客は、少ない初期投資で迅速にIoTへの取り組みを開始できる。また、活用する情報、接続性、可視化の方法や期待する効果は企業ごとに異なるため、仮説、可視化、評価、次の仮説へと顧客と一緒にPDCAを回しながら、IoTへの取り組みをより高いレベルで進めていくためのアプローチを提案する。

 ハードウェアに利用するEdgelineは、従来のデータセンターやクラウドの外部で、より「モノ」に近い場所、いわゆる“エッジ”での、データの収集・集約を安全にリアルタイムに行い、「モノ」を制御するIoT向けコンバージドシステム。さらに、データのキャプチャ、コンピュート、システム管理を統合することで負荷のかかる分析をエッジ側で実現し、リアルタイムな意思決定を可能にする。

 IoTプラットフォームのThingWorxは、「モノがインターネットに接続されたコネクティッドな環境」で、アプリケーションの開発と実行を効率的に行うプラットフォームテクノロジーを提供する。接続性、デバイスクラウド、ビジネスロジック、ビッグデータ、データ解析、遠隔サービスなどのアプリケーションを含む、完全なIoTプラットフォームを実現する。

 NSWは、多くのIoTプラットフォーム導入実績をもっており、今回のパッケージでは、開発支援サービスとして、サーバー環境構築、実機接続作業、個別テンプレート作成(カスタマイズ)、データ取得支援(計1か月)、技術者向けトレーニング(1日)、ヘルプデスク、技術問い合わせサポート(1年)を提供する。