京セラコミュニケーションシステム(KCCS、黒瀬善仁社長)は、IoTネットワーク「SIGFOX(シグフォックス)」サービスの提供を2月27日に開始した。

 SIGFOXは、フランスのSIGFOXS.A.が提供するグローバルIoTネットワーク。国内では免許不要な920MHz帯域を利用して、低価格・低消費電力・長距離伝送の通信を実現する。すでに、LPWAを代表するネットワークとして欧米を中心に31か国で展開されており、日本国内では、KCCSが独占展開を行う。まずは、2月27日から東京都内でサービスを提供し、3月末までに東京23区、川崎市、横浜市、大阪市、2018年3月末までに政令指定都市を含む主要36都市、20年3月末までには全国にサービスエリアを拡大していく予定。

 なお、KCCSではサービスの提供にあたりデバイスメーカー・IoTサービスプロバイダなど各分野の企業約70社とパートナーシップを結んでいる。今回のサービス提供にあたっては、オプテックスから「スマートパーキング」、アイ・サイナップから「温度監視」、旭光電機から「各種厨房機器の状態監視」(実験中)の各サービスが提供されるという。