NTTPCコミュニケーションズ(NTTPC、田中基夫社長)は2月28日、急成長するIoT/M2M市場に向けて「Master'sONE モバイルM2M」を刷新し、ニーズの高かった低価格プランを始め、多数の端末で通信量をシェアできる従量プランやバーストトラフィックに対応した通信量追加クーポン、運用自動化のAPIなど、よりIoT/M2M利用に適したメニューや機能の提供を開始した。

 今回のサービス刷新では月額280円(税別)の「ライトプラン」と通信量クーポン(オプション)、通信量をシェアできる「従量プラン」を新サービスとして提供する。ライトプランは128kbpsを上限速度とし、月間30MBまでの通信量を含むプラン。安価な固定料金で利用できるため、IoT/M2M導入時の検証やテキストファイルなどの軽量データを扱う場合に適している。また、オプションの通信量クーポン(100MBから)を使って必要なときに必要なだけ通信量を追加することができる。一方、従量プランは、通信量・通信速度ともに無制限のプランで、月間30MBの通信量を含んで月額280円(税別)と低コストに加え、契約回線全体で通信量をシェアできるため通信量を無駄なく利用できる。月内の通信量を超えても上り通信1MBあたり0.2円(税別)で利用でき、安価にIoT/M2Mネットワークを構築することが可能となる。

 また、SIMの通信量確認や通信停止・再開、クーポンの購入といった制御をAPIからコントロールできる「SIM管理API」を新たに提供する。SIM管理APIを利用することで、顧客のシステムからNTTPCの帯域制御装置に通信制御命令を送信でき、人手を介さずSIMを緊急停止するといったリアルタイムでの運用が可能。さらにオプションのクーポンもSIM管理APIで購入できるため、端末のファームウェア更新と連動してクーポンを追加するといった仕組みも構築できる。