NTTPCコミュニケーションズ(NTTPC、田中基夫社長)は1月17日、法人向けトータルネットワークソリューション「Master'sONE」で、SD-WAN(Software-Defined Wide Area Network)技術を活用したクラウド型ネットワークサービスの提供を開始した。

 現在のネットワークサービスの多くは、柔軟性や拡張性の観点でクラウドサービスに比べて見劣りし、企業経営の変化にスムーズに対応できていない。そこで今回、NTTPCでは、最新のSD-WAN技術を活用し、フレキシビリティとアジリティに優れ、また企業のインフラに必要なセキュリティを備えたクラウド型ネットワークサービスを開発し、提供することにした。

 新サービスは、ネットワーク構成と各ネットワーク機能をソフトウェアによって柔軟・即時に変更できる機能を提供する。従来までの企業ネットワークが抱えていた多くの問題を解決することが可能となり、「拠点新設と変更スピードの向上」「品質マネジメントとスケーラビリティの向上」「セキュリティの向上」を実現する。また、顧客自身がコントロールパネルからネットワークを運用管理できるセルフマネジメントサービスを提供。このサービスでは、顧客自身でネットワーク状態をモニタリングし、ネットワーク帯域の変更やルーティングの変更など、きめ細やかなコントロールを自由に設定することができる。APIも提供されており、顧客の各種システムと連携した高度なマネジメントも可能となっている。

 アクセス回線などの物理回線に依存しないオーバーレイネットワークサービスであるため、既存のインターネット接続サービスやIP-VPNサービスなどをそのまま活用したハイブリッドネットワークを構成することが可能。また、4G/LTEなどのモバイル回線を利用することで、ネットワーク拠点新設時のアクセス回線準備までのリードタイム短縮やモバイルバックアップの活用など、多彩なネットワーク構成を容易に実現することができる。