エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、/n softwareが提供する、セキュアなSFTP接続を介してローカルのファイルマネージャからリモートファイルシステムの操作ができる「SFTP Net Drive」を3月3日に発売した。

 SFTP Net Driveは、SFTP経由でリモートファイルシステムをローカル仮想ドライブとしてマッピングすることで、簡単でセキュアなファイルの送受信を実現する。アプリケーションをインストールし、サーバーアドレス、ユーザー、パスワードなどの接続パラメータを指定するだけで、SFTPサーバーに接続できる。リモートディスクをローカルドライブに割り当て、Windowsエクスプローラなどのファイルマネージャと統合し、ドラッグ&ドロップで手軽にファイルの操作を行うことができる。

 また、パスワード、セキュリティキー、あるいはその両方を使った認証プロセスの設定や、さらに詳細な設定も可能。ユーザーやサーバーによって、複数のプロファイルを作成し、保存することもできる。個人使用については無償版ライセンスが利用可能だが、組織内外で配布する場合には、商用ライセンスが必要となる。

 税別価格は、1マシンライセンスが1万2850円、5マシンライセンスが5万1850円、10マシンライセンスが7万7850円。