アルプスシステムインテグレーション(ALSI、永倉仁哉社長)は3月21日、KDDI(田中孝司社長)が提供するSaaS型パートナー支援プログラム「Business Port Support Program」を通じて、スマートデバイス向けウェブフィルタリングサービス「InterSafe MobileSecurity Lite」の販売を3月14日に開始したと発表した。

 InterSafe MobileSecurity Liteは、専用ブラウザを使用することなく、Safariや他のブラウザでのウェブフィルタリングが実現でき、既存のMDM環境を維持したままで、ブラウザに依存しないウェブフィルタリングを導入できる。クラウド上での提供となるため、1デバイスあたり月額300円で利用することが可能となっている。

 KDDIが提供するBusiness Port Support Programは、さまざまな業務アプリケーションを必要な時に利用することができるSaaS型のプラットフォームサービス。今回、同サービスで、InterSafe MobileSecurity Liteの販売を開始することで、通信料などの月額請求にInterSafe MobileSecurity Liteの利用費も一括で支払うことが可能となり、顧客の利便性向上を実現する。

 ALSIは引き続き、顧客のニーズをタイムリーに反映し、スマートデバイスを安全に利用できる製品やサービスを提供していく方針。