アルプスシステムインテグレーション(ALSI、永倉仁哉社長)は2月27日、公衆無線LAN(Wi-Fi)の提供事業者向けにウェブフィルタリングプラットフォームの提供をはじめたと発表した。

 このプラットフォームは、NTTドコモとKDDIが「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」(青少年インターネット環境整備法)に基づき提供しているフィルタリングサービスなどで採用実績があるもの。今回、容易にサービス連携が可能となるようにAPI化して提供することで、Wi-Fi機器またはネットワーク回線事業者の既存環境と同プラットフォームを接続するだけで、すでに構築しているWi-Fi環境でもウェブフィルタリングを追加導入できるようにした。

 ALSIは引き続き、地域・社会が安全にIT環境を利用することができるセキュリティソリューションを提供していく方針。