大塚商会(大塚裕司社長)は3月29日、通信販売カタログ「たのめーるvol.37(春夏号)」と介護用品カタログ「ケアたのめーるvol.17」を4月1日に発刊すると発表した。両カタログでは、プライベートブランド商品を含め、新規商品を2960点以上追加した。

 たのめーるvol.37の巻頭特集では「お助け便利グッズ100選」として、いろいろなシチュエーションで役立つグッズを多数紹介。また、簡易印刷機向けにプロダクションプリンタ用紙やピンクリボンPPC用紙のほか、安価な弱粘着タイプの養生テープやフリーアドレスデスクを掲載した。カタログには、140点以上のオリジナル商品をはじめ、新規商品を2180点以上追加。また、OA・PC消耗品で約75点、パソコン周辺機器・ソフトで約60点など、各カテゴリ合わせて330点以上で平均して7.0%、最大35.3%の値下げを行っている。

 一方、ケアたのめーるvol.17では、介護に役立つ情報をカタログの随所に掲載。例えば、高齢者の脱水対策のポイントや介護される側の安全確保と介護する側の介助負担を軽減させる入浴補助アイテムの選び方などを紹介している。また、巻頭特集では、室内でも外出時でも楽しめるグッズや事前に準備しておきたい暑さ・熱中症対策グッズを掲載している。カタログには、合計780点以上の新規商品を追加した。

 今回のカタログ発刊を記念して、4月1日から5月31日までキャンペーンを実施する。期間中の注文金額3000円(税別)を1口として、「たのめーる」「ぱーそなるたのめーる」を利用した300人にスイーツをプレゼントする。なお、オフィス通販サイト「たのめーる」では、3月20日にスマートフォン用サイトをオープン。パソコン用サイト同様、履歴やお気に入り機能を使って簡単に注文することが可能。法人の顧客は申請や承認もできるため、外出先でも便利に利用することができる。