ディー・ディー・エス(DDS、三吉野健滋社長)は4月17日、5月17日から19日に開催される「第8回 教育ITソリューションEXPO」(主催:リードエグジビションジャパン)に出展し、改正個人情報保護法に対応した多要素認証統合プラットフォーム「EVE MA」、二要素認証ソリューション「EVE FA」、単体で導入可能な指紋認証ソリューション「EVE FA Standalone Edition」を展示すると発表した。

 DDSが展示するEVE MAとEVE FAは、教育機関向けに豊富な導入実績をもつソリューション。ブースでは、指紋認証、顔動画認証、静脈認証、IC カード認証やパスワード認証などの任意な組み合わせによる二要素認証ソリューションの認証精度・スピードを体感することができる。

 また、今回の出展では、文部科学省の緊急提言に含まれる「暗号化」などの情報漏えい対策製品を提供するアルプスシステムインテグレーションと、学校にとって重要な基幹データを管理する「基幹業務システム」や、連携ソリューションを提供する日本事務器と共同で紹介を行う。各社と連携することで、緊急提言への対応をはじめとするセキュリティ対策をより包括的にサポートし、顧客に最適なソリューションを提案する。