富士通クラウドテクノロジーズ(愛川義政社長)は4月17日、パブリッククラウドサービス「ニフティクラウド」で、サーバー環境(ゾーン)「east-11」の基盤にオールフラッシュストレージを採用し、フラッシュゾーンとしてリニューアルすると発表した。

 今回のリニューアルにより、east-11で作成したサーバーのローカルディスクはすべてフラッシュディスクとなり、性能が大幅に向上する。あわせて、コストパフォーマンスと汎用性を重視したサーバープラン「Type-e」への対応と、「専有コンポーネント」などの各種機能を提供する。このリニューアルに伴う価格変更はない。また、ニフティクラウドのサーバーラインアップに高速演算処理向けの「slarge256(28vCPU、256GB)」など、新たに18タイプを追加し全61タイプのサーバーを提供する。

 同社では今後、east-11以外のゾーンについても順次フラッシュゾーンへのリニューアルを進めていく予定。