NTT(鵜浦博夫社長)、日立製作所(日立、東原敏昭社長兼CEO)、沖電気工業(OKI、鎌上信也社長)、慶應義塾大学(慶應、清家篤塾長)、KDDI総合研究所(中島康之社長)、古河電気工業(古河電工、小林敬一社長)の6機関は4月25日、30年以降を見据えた先進的な研究として、「エラスティック光アグリゲーションネットワーク(EλAN:エラン)技術」の研究に取り組み、実証実験に成功したと発表した。

 「EλAN」は、光周波数の利用効率を向上する適応変復調OFDM伝送方式を用いながら、アクセス(加入者-局舎間)・メトロ(局舎間)ネットワークを波長選択スイッチを介して光信号のまま伝送するネットワーク。インターネット・ビジネス向け回線・モバイルなど、複数のサービスで利用される異なる性質のトラフィックに対し、伸縮自在(エラスティック)な通信速度・光周波数帯域の割り当てを行うことができる。

 今回、こうした革新的なネットワークに必要となる信頼性を光伝送路の制御方式やスイッチ技術を、検証機を用いて実験を行った。これにより、局舎装置が故障しサービスが断絶しても、故障した装置から10km離れた別の局舎装置が、自動的に10秒以内にサービス断絶前と同じ通信速度で再接続する実験に世界で初めて成功した。

 この技術は、30年以降に訪れるサービスの多様化に適応できるアクセス・メトロネットワークの基礎技術として期待されている。この成果については、光通信に関する国際学会「iPOP2017(The 13th International Conference on IP+Optical Network、神奈川県川崎市で6月1日-2日開催)の展示会で出展発表する予定。今後は、EλANのさらなる技術成熟度と信頼性向上をめざすとともに、成果のプロモーション活動を実施していく。