クオリティア(松田賢代表取締役)は6月29日、G Suiteと連携するメール誤送信防止サービス「Active!gate SS」が、サイバーエージェント(藤田晋社長)に導入されたと発表した。

 サイバーエージェントは、2014年に社内のメールをG Suiteに移行。このタイミングで、以前から課題となっていたメールの誤送信による顧客の重要データ流出を防ぐため、教育や啓発だけでなくシステムでの対策に乗り出し、クオリティアのActive!gate SSを採用した。

 採用に際しては、添付ファイル自動暗号化機能を活用して外部宛の添付ファイルは必ず暗号化の後に配送し、また、パスワードを顧客ごとに固定的に運用することで安全性と利便性を両立できる点を評価した。さらに、導入前の無料トライアル期間に実運用を想定した、さまざまなポリシーを試すことができた点や、G SuiteとActive!gate SSのシームレスな連携が可能な点も評価ポイントに挙げている。