伊藤忠飼料(藤嶋照夫社長)とNTTテクノクロス(串間和彦社長)は9月20日、豚の体重を推測するアプリケーションサービス「デジタル目勘(めかん)」を共同開発し、2018年4月に伊藤忠飼料の販売ルートで提供すると発表した。税別価格は、1ライセンスあたり月額1万5000円から。撮影する端末ごとにライセンスが必要となる。

 デジタル目勘は、スマートフォンやタブレット端末で撮影した豚の画像から体重を推測するサービス。一頭ずつ体重計に移動させて計測する手間がかからず、誰でも簡単に熟練者による「目勘」のように、場所にとらわれない手軽な体重推測が可能となる。また、多大な設備投資を行わずに手軽に豚の体重を推測できるため、出荷時の重量の安定化が見込め、格落ちによる経済ロスを低減し養豚農家の収益増大を支援する。

 開発にあたっては、養豚に多大なノウハウをもつ伊藤忠飼料の研究所が開発し、NTTテクノクロスの高精度な画像認識技術を組み込んだ独自の計測ロジックで、熟練者レベルの目勘を再現した。