NTTテクノクロス(串間和彦社長)は9月12日、生体認証ソリューション「BioPassport」を12月下旬に発売すると発表した。税別価格は、1ライセンス9600円(1ユーザー/2年)。別途、初期費用が必要となる。

 BioPassportは、モバイル端末のカメラに手のひらをかざすことで静脈認証し、Windowsログオンできる生体認証ソリューション。国内で初めて専用の機器を用いずに静脈認証ができ、低価格で高セキュリティなWindowsログオンを提供する。モバイル端末のカメラさえあれば認証ができるため、読み取り専用機器を持ち歩く必要がなく、場所を選ばずにセキュリティ強度の高いモバイルワークを実現する。

 国内で唯一、カメラ機能を使った可視光による手のひら静脈認証技術を使用。モバイル端末のカメラを利用する静脈認証でありながら、FRR 0.1%、FAR 0.0003%の高い認証精度を実現している。また、体内情報であるため、偽造物を作成することが難しい対偽造性に優れた認証となっている。さらに、「手のひら認証」のみの一要素認証と、「パスワード入力」と「手のひら認証」の併用による二要素認証が選択することができる。