NTTテクノクロス(串間和彦社長)は、スマートフォンなどの情報端末間で情報を共有できる双方向サイネージ「BizFront/RIC」について、より効果的に利用できる4つのオプション機能を8月30日に発売した。

 新たなオプション機能としては、「SNS連携」「チャット連携」「最適コンテンツ配信」「災害時対応(災害時画面自動切替/タブレット情報共有)」を提供する。これらの追加機能により、双方向サイネージによるコミュニケーションの活性化やサイネージの視聴意欲向上、災害時の円滑な施設運営を支援する。

 SNS連携では、運用者がSNSに投稿された写真など「旬」な情報をサイネージに配信でき、視聴者は投稿の付加情報を手元のスマートフォンで閲覧することができる。チャット連携では、NTTテクノクロスの「TopicRoom」と連携し、運用者がサイネージで情報を発信すると、自動的にオフィス外の社員のスマートフォンにインストールしたチャットにも情報発信される。

 最適コンテンツ配信では、天候や時間帯、商品の売上状況などの条件からサイネージに表示するコンテンツを動的に変更できるAPIを提供。このAPI機能により、運用者があらかじめ設定した条件をもとに、視聴者やその場の状況に応じた最適なコンテンツを動的に表示するカスタマイズが可能となる。災害時画面自動切替では、災害などの緊急時に、緊急情報提供システムと連動し、自動的にサイネージの画面を緊急情報画面に切り替えることができる。タブレット情報共有では、タブレットが専用サーバーの代わりとなってタブレット間での情報収集を行い、サイネージに情報を表示することができるようになる。

 税別価格は、SNS連携が月額9800円/ディスプレイ、チャット連携が月額750円/スマートフォン、最適コンテンツ配信が月額1万円/ディスプレイ、災害時画面自動切替機能が月額5000円/ディスプレイ、タブレット情報共有が月額1万円/タブレット2台。