ティントリジャパン(河野通明社長)は、エンタープライズクラウドを実現するためのスケールアウトオールフラッシュストレージの新シリーズ「Tintri EC6000 オールフラッシュ シリーズ」を9月20日に発売した。

 Tintri EC6000は、従来比4倍の最大40PBまで拡張でき、最大48万台の仮想マシンを1人の管理者で運用することができる。単一ノードでは小規模部門から、スケールアウトによって全社的なエンタープライズクラウドインフラストラクチャへの仮想化されたワークロードをフルサポートする。「EC6030」「EC6050」「EC6070」「EC6090」の4モデルをラインアップ。1ユニットあたり最高32万IOPSのパフォーマンスと、わずか2ラックユニット(2RU)の19TBから645TBの論理実効容量を備えた新しいエンタープライズクラウドプラットフォームとなっている。さらに、最新の3D NAND技術と高密度ドライブを活用し、1GBあたりの容量とコストを削減する。

 Tintri VMスケールアウトにより、複数ユニットを疎結合し、容量とパフォーマンスを柔軟かつリニアに向上することが可能。従来の2倍となる64台を1つのストレージプールとして扱うことができ、最大2000万IOPS、40PBの論理実効容量、48万台の仮想マシンを1人の管理要員と1つの管理コンソールで運用することができる。

 また、今回の新シリーズにともないOSをアップデート。新たに「Tintriクラウドコネクタ」を実装し、ティントリを基盤としてエンタープライズクラウドとAmazon Web Service(AWS)、IBMクラウドリソースを統合し、ハイブリッドクラウドサービスの基盤を構築することができる。Tintriクラウドコネクタは、VMとコンテナレベルでストレージを抽象化する「Tintri CONNECT アーキテクチャ」を使用し、最速のリカバリ時間と最大限の柔軟性を実現する。

 税別価格は、EC6090(論理実効容量 77-645TB/サポートVM数 7500)が5475万円から、EC6070(論理実効容量 38-322TB/サポートVM数 5000)が3510万円から、EC6050(論理実効容量 38-322TB/サポートVM数 2500)が2880万円から、EC6030(論理実効容量 19-80TB/サポートVM数 500)が1348万5000円から。