日本システムウエア(NSW、多田尚二社長)は10月10日、ヤンマー(山岡健人社長)が10月に運用を開始した次世代農業プロジェクトのIoTテストベッド構築事業に参画したと発表した。

 今回のプロジェクトは、ヤンマーが総務省から採択を受けた平成28年度IoTテストベッド供用事業の一環となるもの。ヤンマーは、先進的な農業ビジネスモデルを創出することを目的に、滋賀県米原市にAI/IoTの活用を前提としたIoTテストベッド(実証実験設備)を設置し、農業ICTの加速を目指すさまざまな企業が利用できる実証基盤として、10月に運用を開始した。

 NSWでは、プロジェクトの発足時から、IoTプラットフォームに関する先進的な技術をもつパートナー企業として参画し、技術的な検証を行ってきた。今後、同プロジェクトのIoTテストベッドは、ICTの研究開発に取り組む企業の開発・検証先として活用される計画で、NSWもIoTクラウドプラットフォーム「Toami」をはじめとしたIoTソリューションにより、実証実験の活性化を支援していく考え。