フォースメディア(池田讓治社長)は10月20日、5月に発売した4K解像度でクリアな画質の75インチタッチスクリーン「UB75」に続き、65インチタッチスクリーンの「UB65」を10月下旬に発売すると発表した。

 UB65はUB75と同等の機能を備え、インタラクティブな教育やデモンストレーション、マルチメディアを使用したプレゼンテーションなど、教育やミーティングの生産性を向上するためにデザインされた4K解像度タッチパネル搭載のタッチスクリーン。10ポイントマルチタッチに対応しており、最大10人まで同時に書き込みすることができる。また、ワンタッチでホワイトボード機能を起動することができる。

 15Wスピーカーユニットを2つ搭載しており、大音量で音楽などを再生することが可能。残したい画面をワンタッチでキャプチャし、USBフラッシュメモリやmicro SDカードに保存することができる。側面にはOPSスロットを搭載しており、X-PC(Newline専用OPS別売)を接続することで、Windows PCとして使用することができる。

 LAN HUB機能を搭載し、別途ネットワーク機器を用意することなく有線ネットワークを拡張してPCとの間でインターネット接続の共有などが可能となっている。