フォースメディア(池田譲治社長)は8月14日、QNAP Turbo NASシリーズの新機種として、SMB向けラックマウントNAS「TS-x53BUシリーズ」を8月中旬に発売すると発表した。

 TS-x53BUシリーズは、高い基本性能と拡張性を1U(4ベイモデル)、2U(8ベイ、12ベイモデル)サイズで提供するラックマウントNAS。AES-NIハードウェア暗号化に対応したIntel Celeronクアッドコア 1.5GHzプロセッサ、4GBデュアルチャネルDDR3L RAM(8GBまで拡張可能)、4つのギガビットイーサネットポート(1000BASE-T)を搭載し、AES 256ビット暗号化時に最大416MB/秒のスループットを実現する。

 さらに、拡張用PCIeスロットを使用して構成を最適化できる。例えば、QM2 M.2 SSDスロット/10GbEカードとSSDを追加することで、SSDキャッシュと10ギガビットイーサネット接続による高速化が可能。より高い可用性が必要な用途のために、冗長電源を搭載したモデルも展開している。

 なお、同社では、NASとHDDの互換性を保証し、購入後すぐに利用できる「HDD搭載モデル」を用意。また、導入後の安定した運用を支援するフォースメディア独自の保守サービスとして「先出しセンドバック保守」「オンサイト保守」「24時間365日保守」を選択できるようにしている。