GMOクラウド(青山満社長)は、法人向けクラウドサービス(SaaS)を集めたポータルサイト「SaaStart byGMO」で、ウェブサイトのコンテンツの高速配信が可能となる定額制CDN「SiteLock CDN」の提供を10月26日に開始した。

 SiteLock CDNは、静的・動的コンテンツの両方に対応しており、動的コンテンツでも、最適なサーバーからキャッシュを取得し、高速配信することができる。これにより、ウェブサイトやアプリケーションを運営する事業者は、コンテンツの高速配信による快適で安定的なウェブサイト運用が可能となる。

 また、初期費用なし、月額5000円(税別)の定額料金で提供するため、毎月の運用コストを把握しながら安心して利用できる。最短1か月から利用することができ、期間限定のキャンペーンサイトやプロモーションサイトなど、一時的にトラフィックの増大が見込まれるサイトへの導入にも最適となっている。

 さらに、旧来の「HTTP」通信はもとより、「HTTPS」通信に対応しているほか、HTTPS化したウェブサイトの表示速度を高速化する次世代通信プロトコル「HTTP/2」にも対応している。

 国内2拠点(東京・大阪)を含む世界30拠点にキャッシュサーバーを分散配置。世界各拠点を巡る高速配信ネットワークを活用することで、ユーザーのリクエストに最も近いキャッシュサーバーから、ウェブコンテンツを高速・安定的に配信する。また、効率的なデータ転送方式やコンテンツの種類に応じて自動で最適化する圧縮技術によって、さらなる配信速度の向上を図っている。