4歳から空手を習い、高校を卒業する頃に「AOR」と呼ばれる音楽ジャンルに陶酔。バイトをして買ったギターで、「スティーヴィー・ワンダーをJPOP風にしたような曲」をつくり、インディーズ活動を本格化していった。