日本プルーフポイント(フェゼック・ローン マネージングダイレクター)は、ビジネスメール詐欺(BEC)対策のクラウド型新サービス「Proofpoint Email Fraud Defense(Proofpoint EFD)」を12月12日に発売した。また、Proofpoint EFDの無償評価環境の提供も開始した。

 Proofpoint EFDは、DMARCが規定するレポートを自動的に解析し、受信側組織のDMARC判定結果を可視化する。また、自社ドメイン管理者は、Proofpoint EFD専用ポータルサイトで提供するリアルタイムレポートや定期レポートなどの各種レポート、各種アラートメールを確認して、DMARC判定結果から自社ドメイン詐称の実態を把握し、DMARCレコードの最適なパラメータやパラメータを更新すべきタイミングを判断できる。

 同社では今後、既存ソリューションである高性能メールセキュリティゲートウェイ「Proofpoint Email Protection」とProofpoint EFDを組み合わせた包括的なBEC対策や、さらにクラウド型サンドボックス「Proofpoint Targeted Attack Protection」を組み合わせて高度な標的型攻撃にも対抗できるEメールセキュリティソリューションを提供していく考え。