MetaMoJi(浮川和宣社長)は1月9日、次世代手書きノートアプリケーション「MetaMoJi Note for Business」を、ソルクシーズ(長尾章社長)が提供するオンラインストレージサービス「Fleekdriveモバイル」と連携すると発表した。

 今回の技術連携では、タブレット上でFleekdriveモバイルで管理する業務資料を選択し、直接、MetaMoJi Note for Businessを呼び出すことで、さまざまな報告書や申込書の作成、原稿校正などをタブレット上で手書きで行い、クラウド上での保存・共有がその場でできるようになった。これにより、オンラインストレージを起点にして、手書きによる業務文書の作成から報告までの文書業務管理をタブレット上でシームレスに実現する。

 MetaMoJiでは、Fleekdriveモバイルとの連携を通じ、タブレットを活用した手書きでの文書作成のペーパーレス化による働き方改革を推進していく考え。