現場の働き方改革を実現

 MetaMoJiの浮川和宣社長は、「タブレットが開く新しいITビジネス」と題して講演した。同社が提供するアプリが一般オフィスだけでなく、建設や医療などの現場でも働き方改革を実現することをアピールした。

 MetaMoJiは、「mazec」「MetaMoJi Note」など、法人向けアプリを提供して着実にユーザーを増やしている。社内でタブレット端末を有効活用するためのアプリが、会議支援の「MetaMoJi Share for Business」だ。画面とメモの共有による議論の見える化で、会議の参加者が齟齬なく理解し合えたり、メモ・写真・音声を一つに残せて資料がそのまま議事録になったりと、進化した会議を実現することができる。
 
201711061754_2.jpg

浮川和宣
社長

 ただ、浮川社長は「医療や建設などの現場では、ITによる効率化が遅れがちだ」と指摘。そこで、MetaMoJiではオフィス内でのタブレット端末の活用促進に加えて、外出先で活用できる「eYACHO for Business」「GEMBA Note for Business」も提供。eYACHO for Businessは、土木現場向け測量テンプレートの搭載や、音声録音で現場の瞬間を確実に記録する機能、TODO管理機能による作業忘れの防止、多彩なフォーム部品での簡単な帳票作成など、建設現場のワークスタイルを飛躍的に変革する。GEMBA Note for Businessは、手書き入力や音声録音による記録やTODO管理などを搭載しているほか、リアルタイム伝搬技術「Share」の搭載で、複数人がリアルタイムに同時編集が可能になる。

 PCと比べてタブレット端末なら片手で操作できるなど、業務で使いやすい。浮川社長は、「現場のIT化は、タブレット端末でなければ、現場のIT化は実現できない」と訴えている。

 これまで現場では、IT化が進まなかったことから、現場のスタッフが作業報告などをオフィスに戻ってから改めて入力するという状況だった。このような環境は、長時間の残業を強いられる。浮川社長は、「現場の効率化を改善すれば生産性の向上につながる。これこそが働き方改革といえる」としている。

 eYACHO for Businessのユーザーは、大手を中心に100社以上。GENBA Note Businessは、映画撮影の現場でも活用されており、監督から大幅に業務を効率化できたと高い評価を得ている。浮川社長は、「さまざまなニーズに応えていくため、パートナーの方々と積極的に協業を進めていきたい」と意欲を示した。