チエル(川居睦社長)は2月28日、アクティブ・ラーニングの加速を促すPC教室授業支援システム「CaLabo LX」のバージョンアップ版(Ver4.1)を発売した。

 CaLabo LXは、英語4技能(聞く、話す、読む、書く)統合型学習に対応する「CaLabo EX」の洗練された操作性と先進性を受け継いでおり、学生PCの画面モニタリングや操作ロック、PC電源の一斉管理やファイルの配布・回収・提出など授業効率を上げるための多彩な機能を搭載し、先生の「アシスタント」を務めるPC教室向けシステムとなっている。

 今回のバージョンアップでは、授業外インターネット制御の機能を追加するとともに、クラウド型タイピングスキル徹底強化教材「イータイピングチャレンジ」との連携が可能となった。

 授業外インターネット制御機能では、先生PCが起動していない状態でも、見せたくない内容や与えたくない情報を含むウェブサイトを閲覧できないようにするなど、学習者PCのインターネットアクセスを規制できるようになった。規制では、スケジュール設定(特定の曜日や日付など)も行うことができる。

 イータイピングチャレンジは、“タイピングがうまくなると、可能性が広がる”をコンセプトに2月1日に発売。タイピングスキルを身につけるために、時事ネタも取り入れたユニークな問題など豊富なプラクティスを用意している。また、教員からの一斉開始、終了、ランキング表示ができるため、授業開始の際に集中力を高めるためのウォ―ミングアップに最適な教材となっている。