チエル(川居睦社長)は11月30日、ベトナムの販売パートナーであるZodiac Investment Corporation(Zodiac、Nguyen Kieu TrangCEO)を通じ、グローバル人材に求められる英語力育成のため、国家治安・警察部門であるベトナム人民公安の語学研修施設に、英語4技能(聞く、話す、読む、書く)学習を支援するフルデジタルCALLシステム「CaLabo EX」の導入が決定したと発表した。

 高い経済成長率を続けるベトナムでは、経済の成長にともなってグローバル人材の育成が急務とされている。チエルでは、「ジャパンクオリティ」の高品質なものづくりと、ベトナムでの販売パートナーのZodiacと連携したサポート・導入体制の下、2012年からベトナム全土の大学・職業訓練学校で、延べ300教室を超える「CaLabo EX」を導入し、ICTを活用した最新の語学教育環境整備に寄与してきた。その実績と品質の高さが認められ、今回、ベトナム全土のベトナム人民公安の語学研修教室24教室への導入に至った。

 同社では今後も、教育省などのベトナム政府施設への大規模な導入を予定しており、海外に向けたさらなるチエルブランドの認知度向上と販売拡大を図っていく考え。