チエル(川居睦社長)は1月25日、目標のスコア達成に導くクラウド型教材「スーパー英語 TOEICテスト・TOEFLテスト対策コース」を、2月13日に全国の高校・大学を対象に発売すると発表した。

 スーパー英語 TOEICテスト・TOEFLテスト対策コースは、“24時間いつでもどこでも学べる”をコンセプトに、効果的なTOEIC/TOEFLテスト対策ができる学習ソフト。TOEICテスト対策コース(初級・中級)、TOEFLテスト対策コース(初級・中級・上級)の5つを用意した。TOEICテスト対策コース(初級・中級)は、目標想定学習時間を120時間、学習できる単語数は2400語、TOEFLテスト対策コース(初級・中級・上級)は、目標想定学習時間を150時間、学習できる単語数は3600語となる。スコアごとに設計された「対策コース」により、最適な学習順・難易度で学習することが可能。毎日無理なく継続できる仕組みが、学習者のモチベーションを高め、学習時間を延ばし、確かな成果へつなげていく。

 また、スーパー英語独自の機能「ラウンドメソッド」を搭載。従来のeラーニングでは別々に学習していたReading、Listening、Grammar、Vocabularyのスキルを相互に学習することで学習の定着率を高める。さらに、学習の履歴を「見える化」する学習カルテを提供。「My Portfolio」では、学習の記録を自動的に集計し、履歴や進捗状況をグラフや表でわかりやすく表示する。「Class Portfolio」では、クラス内の講座修了数や、学習時間、成績などのデータをグラフや表でわかりやすく表示する。

 価格は、1ライセンス年額8316円。PC(Windows/Mac)に加え、スマートフォン、タブレットにも対応している。