パナソニック(津賀一宏社長)は3月2日、セキュリティシステム「i-PRO EXTREMEシリーズ」の9M全方位カメラ「WV-X4171」(屋内モデル)と「WV-X4571L」(屋外モデル)の2機種を5月に発売すると発表した。価格はオープン。

 同社では、今年1月にi-PRO EXTREMEシリーズの全方位カメラとして、5Mピクセルモデル2機種(WV-S4150/WV-S4550L)を発売したが、今回、さらに9Mピクセルモデル2機種を加え、ラインアップの強化を図る。

 新モデルは魚眼レンズを搭載し、360°全方位を9Mピクセルの高画質で撮影することができる。単に360°撮影できるだけでなく、レンズの真正面から周辺部に至るまで、高画質で歪みを最小限に抑えた映像を提供し、鮮明で死角の少ない監視を実現する。天井の高いショッピングモールや大型倉庫、ビルや病院などのホールに設置し、より広い範囲を鮮明に捉えることができる。屋外モデルには暗所でも監視可能な赤外線照明を装備し、設置環境を選ばない監視を可能とする。