アイティフォー(東川清社長)は5月29日、新しい信用を創造するCredit Techのパイオニアであるネットプロテクションズ(柴田紳社長)が提供する新しいカードレス決済「atone」を、同社のECサイト構築パッケージ「ITFOReC」に自動連携すると発表した。

  atoneは、スマホがあれば買い物ができ、お金は翌月にまとめてコンビニ振込または口座振替で支払うサービス。クレジットカードがなくても翌月払いで購入が可能で、ポイントも貯まり、そのポイントは次の買物で使うことができる。買い物した明細はアプリですぐに確認することが可能だ。

 アイティフォーは、1社でECサイト構築パッケージのITFOReCと小売業向け基幹システム「RITS」の両者を保有する数少ないベンダー。ECサイトと実店舗のシステムを連携させる豊富な実績とノウハウをもつことから、オムニチャネル構築に強みをもっている。一方、atoneを提供するネットプロテクションズは、オムニチャネル展開を行う事業者の支援を戦略的に視野に入れており、ECだけでなく実店舗へのサービス提供を予定している。アイティフォーではatoneがECサイトの販売促進に効果的と考え、ネットプロテクションズはITFOReCとの連携がその足がかりになると考え、今回の連携に至った。

 ITFOReCには、すでに同社の未回収リスク保証型の後払い決済サービス「NP後払い」が自動連携されている。NP後払いは、会員登録が不要で簡易的に利用できるため、新規ユーザーの獲得に貢献するのに対し、atoneは会員登録により多くの付加価値を提供できるため、リピート利用促進に貢献する。

 今回の自動連携追加により、今後、ITFOReCで構築するECサイトは、NP後払いに加えて、atoneを標準で利用することができるようになる。