ネットワールド(森田晶一社長)は、米テナブルと国内初のディストリビュータ契約を結び、同社のエンタープライズプラットフォーム製品「Tenable.io」と「SecurityCenter」の国内販売を8月29日に開始した。

 Tenable.ioは、最新のアタックサーフェス(攻撃される可能性のある領域)へのサイバーリスクを的確に管理・削減できる世界初のサイバーエクスポージャープラットフォーム。ネットワールドでは今回、テナブルの国内販売体制強化を受けて認定資格を取得し、選び抜かれたパートナー企業だけが加入できる「Tenable Assureパートナープログラム」の国内初のディストリビュータとなった。全国に広がるネットワールドのパートナー網を生かして、同社製品の拡販を進める。第一弾として、9月に東京・大阪で開催する自社イベント「Networld .next 2018 DX(Deluxe)」で、Tenable.io製品を紹介する予定。

 SaaSとして提供されるTenable.ioは、最新のアタックサーフェス全体にわたって、世界中の企業や組織のサイバーリスクを管理・測定する。CEO、CFO、CISOなどの経営層が状況を容易に理解することができるため、ビジネスや組織全体のリスク管理の実現につながるという。また、オンプレミス版として提供されるSecurityCenterは、組織をまたがってぜい弱性データを統合・評価し、セキュリティの防御状況の正確な把握と対処・実行の優先順位づけを明確化するのに役立つ製品となっている。