アステリア(平野洋一郎社長)は10月1日、旧社名「インフォテリア株式会社」から「アステリア株式会社」に商号を変更した。また、創業来20年間使用してきたコーポレートロゴを初めて刷新し、そのデザインを公開した。

  今回の商号変更は、グローバル展開に当り、より識別性が高く、将来的な事業領域の発展性をもった世界ブランドを確立することを目指したもの。ロゴデザインはグループ子会社の英This Place Limitedが担当し、世界水準のクリエイティビティを導入した。「アステリア」は、ギリシャ語で「星座」を意味し、星座のように世界中に存在する輝くヒト・モノ・コトをつなぎ、未来に向けて持続的な成長を目指しながら新たな20年の歴史を刻んでいく考え。

 ロゴデザインの刷新にあたっては、同社グループ横断メンバーによるコーポレートロゴ刷新プロジェクトチームが議論を重ね、同社が考えるコアバリューや将来像をコンセプトとして集約。コンセプトのもつ意味や成し遂げたい将来像をコーポレートロゴに表現した。コーポレートカラーであるグリーンもよりナチュラルなグリーンに刷新。創業当初からのDNAである最新テクノロジーを介してつながる世界観と、未来永劫に輝き続ける信念を右上部のスターエンブレムになぞらえたデザインとしている。