ソリマチ(反町秀樹社長)は12月19日から、経営者向けスマホアプリ「スマホ社長」で第四銀行(並木富士雄頭取)、三井住友銀行(高島誠頭取CEO)、ジャパンネット銀行(田鎖智人社長)と連携すると発表した。

経営者向けスマホアプリ「スマホ社長」

 スマホ社長は、金融機関の取引明細を自動で取り込むことにより、入力なしで銀行残高やキャッシュの流れを日々確認できるスマホアプリ。今回の機能アップにより、近い将来に資金ショートの可能性のある場合にアラートを表示し、顧客がスマホから各金融機関HP内の融資申し込みページへ遷移したり、電話をかけることで、法人のビジネスをサポートする。

 ソリマチでは、第四銀行と2017年11月の業務提携以来、財務・会計・融資分野でフィンテックを活用した新たなスキームの検討と開発を進めており、今回、スマホアプリと金融機関との新たなスキームを実現した。データをもとに企業の資金ニーズを把握するスマホ社長と金融機関が連携することで、第四銀行、三井住友銀行、ジャパンネット銀行は、ソリマチのもつ法人経営者の顧客との関係強化を図ることができる。

 同社は、今後もより多くの顧客が利用できるよう、接続銀行を全国へ拡大していくとともに、安全で便利なサービスを提供していく考え。