ソリマチ(反町秀樹社長)は、第四銀行(並木富士雄頭取)と、財務・会計・融資分野でフィンテックを活用した新たなスキームの検討と開発を目的とした業務提携契約を、11月14日に結んだと発表した。

 ソリマチは、2018年2月頃から提供予定のスマホ向けアプリケーションを通じて、日々の会計情報から資金需要をリアルタイムに予測し、経営に役立つ情報を経営者がスマートフォンで気軽に確認できるサービスを開始する。一方、第四銀行は同サービスと連携することにより、顧客との関係の強化、事業用資金の相談受付体制の強化を図る。

 新潟県長岡市の会計事務所を母体とするソリマチグループと第四銀行は、ともに新潟県内に顧客をもつことで、相互の顧客に対して、ネットバンキングやスマホ向けアプリケーション利用の共催セミナーの実施、フィンテック領域での協業の検討を予定している。

 ソリマチと第四銀行は、今後各種検証を行いながら、この新たなスキームである「新潟スマホ経営モデル」を確立し、データサイエンスの有効利用を通じて小規模法人などの発展に貢献していく考え。