ソリマチ(反町秀樹社長)は11月7日、業務ソフトの最新バージョン「会計王19」シリーズを11月24日に発売すると発表した。

 会計王19シリーズでは、金融機関などの取引データをクラウドに蓄積されたビッグデータから最適な仕訳を予測する「AI自動仕訳」を新たに搭載。無料アプリケーション「MoneyLink」で提供している明細取り込みのサービスがさらに便利になり、簿記や帳簿に不慣れな人でも時間をかけることなくスムーズに操作できるようになった。

 制度改正についても、配偶者控除の改正などに徹底対応するほか、安心でやさしい製品を目指し、ユーザーの視点で機能を改良した。会計王シリーズを起動すると表示されるメニュー画面を一新し、シンプルで機能名を大きくすることで、ユーザーが使いたい機能を迷わず見つけることができるようにした。

 さらに、消費税改正の動向も気になる「会計王19」「販売王19」では引き続き、保守サポート1年間の無償特典を提供。スムーズな年末調整をサポートする「給料王19」では「配偶者控除区分設定ガイド」を付けるなど、充実のサービス・サポート体制を用意している。

 なお、同社イメージキャラクターには松岡修造氏を引き続き起用し、全国でソリマチ製品のユーザーを応援するプロモーションを準備しているという。

 税別価格は、会計王19が4万円、会計王19 NPO法人スタイルが4万円、会計王19 介護事業所スタイルが4万円、みんなの青色申告19が9800円、給料王19が4万円、販売王19が4万円、販売王19 販売・仕入・在庫が6万円、王パック19が8万円。