インターコム(松原由高社長)は12月20日、流通業、製造業、金融業などの企業間取引を支援するEDI/FAX統合サーバー「Biware EDI Station 2」の新たなオプション機能として、「Biware EDI Station Auto Webオプション(Auto Webオプション)」を12月21日に発売すると発表した。

Auto Webオプション および EDI Station 2 のシステム概念図

 Auto Webオプションは、これまで人手を必要としていたWeb-EDIの受注業務を、RPAの技術で自動化する機能。各種通信手順によるEDI取引については、EDI Station 2の標準機能であるワークフロー作成機能を利用して受注業務を自動化することが可能。EDI Station 2とAuto Webオプションを併用することで、通信手順によるEDIからWeb-EDIまで、受注業務のあらゆるEDI処理を自動化できる。

 Web-EDI取引の自動化によって、手作業による入力ミスの回避や、ロボット操作による取引業務の時間短縮と人件費の削減など、様々な観点から受注業務の生産性向上を実現できる。

 税別参考価格は82万円。同社では、Auto Webオプションを、日々の受注業務をWeb-EDIで行う卸売・メーカー企業を対象に販売していく考え。発売後1年で100セット以上の売り上げを見込んでいる。