ソフォス(中西智行代表取締役)は12月21日、次世代の「Sophos XG Firewall」が、早期アクセスプログラムにより、クラウドベースの管理プラットフォーム「Sophos Central」から利用できるようになったと発表した。

 Sophos XG Firewallは、Intercept X Advanced with Endpoint Detection and Response(EDR)などのソフォスのエンドポイント製品と自動的に連係対話し、脅威をプロアクティブに予測して保護するインテリジェントなソリューションを提供する。これにより、脅威の感染を検出しマシンを自動的に隔離することで感染の拡大を防止しながら感染による被害を自動的に修復する。11月に発表した最新バージョンでは、ラテラルムーブメントを防止する機能を実装しており、標的型で手動によるサイバー攻撃を防止する。

 今回、顧客やパートナーは早期アクセスプログラムを利用して、Sophos CentralからSophos XG Firewallを管理できるようになり、ウェブ、電子メール、ワイヤレス、エンドポイント、サーバー、モバイルデバイスプロテクションを単一画面から管理可能となった。また、Sophos Centralではパートナー向けの専用ダッシュボードを用意しており、VARとMSPであるパートナーが複数の顧客を簡単に管理し、イベント対応する時間を短縮することができる。