ミロク情報サービス(MJS、是枝周樹社長)は2月4日、西武信用金庫(西武信金、落合寛司理事長)と、地域経済の活性化と地域での中小企業の事業活動を促進するため、顧客紹介に関する業務提携契約を取り交わしたと発表した。

 MJSは、今回の業務提携を通じ、地域の中小企業に対して、ERPシステムとM&A・事業承継支援などのサービスを提供し、西武信金は、これらを通じた顧客向けサービスの拡充により地域金融機関として多様化する顧客のニーズに対応し、双方協力の下、地域密着型で顧客の事業活動を支援していく。

 具体的には、MJSは西武信金から顧客である取引先の紹介を受け、地域の中小企業が抱える個々の経営課題を踏まえ、MJSの財務会計・税務を中心とするERPシステムなどの提供を行う。また、MJSの100%子会社であるMJS M&Aパートナーズ(mmap)を通じ、M&Aや事業承継などについての課題をもつ西武信金の顧客に対し、M&A・事業承継に係るアドバイザリー、コンサルティングなどのサービスを提供する。紹介を受けた企業とは、MJSとmmapが直接取引を行う。